【ジャグラーシリーズ「ピエロ打法」】シンプルでわかりやすいジャグラー必勝法

piero

>>公開は終了しました<<

ジャグラーシリーズが誕生したのは1996年ですが、その頃から「GoGoランプ」は搭載されて
いましたし、台のデザインなどは今でも殆ど変わらないという先進性が特徴的です。

2002年に登場したハイパージャグラーVでは、ジャグラーシリーズで初めてとなる「演出」が
採用されましたが、余りに不評だったことから短期間で「お蔵入り」となってしまい、以降の
機種でも演出が搭載されたものは一つもありませんし、現在でもありません。

5号機時代に入っても、シンプルでわかりやすいジャグラーの人気は衰えることがなく、どこ
のホールでも必ず設置されているといっても過言ではありませんが、他の機種では全く当たり
がでなくてもジャグラーは出る
といったケースが多いことも人気の秘訣かもしれません。

とはいえ、どこのホールも経営環境が厳しくなっていますから、相当な絞り込みをかけている
ことも珍しくありません。

あなたも、最近はジャグラーで当たりが出なくなったと嘆いているのではないでしょうか?

そこで、ホルコンアドバイザーの石原さと子さんが100万ゲームを分析して明らかになったと
いうアタリ周期とハズレ周期の見極め方を活用したくはありませんか?

ジャグラーシリーズ「ピエロ打法」は、ボーダー理論や台の波を読むだけでは勝てない時代に
役立つ新たな攻略法として登場しました。

アタリ周期とハズレ周期を引き起こす法則を知れば、GOGOランプが出るべきにところに出現
し、ジャグ連もくるべき周期で起こり、ハマリサインが出れば大ハマリ周期になることが理解
できるだけでなく、打ち時、止め時が簡単に判断できるようになります。

このページの先頭へ