【セブンスナイパー】統計学と確率論では予想は無理という風潮は誤りだ

7sniper

>>公開は終了しました<<

ロト7がスタートしたのは2013年4月ですが、日本の宝くじの中では最も1等を的中させるの
が難しいことから、理論上の当選金額も過去最高額になっています。

当選者数が多ければ当選金は大きく下がりますしキャリーオーバーや当選者数が少ないという
好条件が揃えば最高8億円に近い金額をえることも可能です。

とはいえ、億単位の当選金などは、全く現実性を感じないのではないでしょうか。
当然ながら、当たるとも思えないからです。

しかし、「セブンスナイパー」を開発した本沢正明さんは的中するのが不可能であるかのよう
に思われているロト7で1等・2等当選をするための確率を少しでも高めることは可能
だと断言
しています。

「セブンスナイパー」では、統計学と確率論で次に来る数字がある程度予想できるという考え
のもとに、抽選で用いられる「夢ロトくん」の規則性を解明することに成功しました。

この規則性というのは、一つ一つの要素自体は大したことがない場合も珍しくなく、当選確率
を劇的に引き上げる効果は期待できません。

過去の番号予想ソフトや予想法の中で、全く役に立たなかったケースのほとんどが、規則性の
個々の要素にとらわれすぎた挙句に、全く見当違いの番号予想をしてしまったのが原因だった
のです。

「セブンスナイパー」では同じ失敗を繰り返さないために、夢ロトくんに存在する「規則性」
を把握した上で、個別的にではなく総合的に分析することで、劇的な当選確率のアップに成功

しました。

くじ運が悪くても的中できるという実感を味わえます。

このページの先頭へ