【パチンコ収益システムの隙を突く4つの裏技】パチンコ屋の弱点をつくから対策できない

pachi-4

>>公開は終了しました<<

パチンコ業界の市場規模が急激に縮小していることもあって、どこも経営的に苦しくなって
いるとは思いますが、それにしても、あまりにも出玉を絞り込みすぎているのではないか
疑問を感じているかもしれませんね。

お客さんの数が減少することで収入が減っている中で、パチンコ台を入れ替えるスピードが
早くなっていることから出費がかさむといった背景はあるとしても、全く当たりがでないと
いう状態まで絞り込む必要があるのかと言いたくなることもあったのではないでしょうか。

かつては首都圏でパチンコホールを経営していたというアットエイト統括本部長の稲垣良太
さんも、自らのホール経営から考えても、あまりに金を巻き上げすぎていると憤りを感じて
いるそうです。

そこで、このパチンコ店を取り巻く「パチンコ収益システム」の構造的な問題を突くことで
機種のバグなど対策されたら終わるようなものではなく安定的に収益が得られる「裏ワザ」
を稲垣さんが開発
しました。

それが「パチンコ収益システムの隙を突く4つの裏技」です。
以下の3つのポイントを全て満足できる攻略法です。

  • 1回あたり最低2万円以上は利益が出せる
  • 手間を掛けずに効率よく稼げる
  • 一過性ではなく将来的にも安定して稼げる

この裏技はパチンコだけでなくパチスロでも使えますので、構造的な負け組から抜け出すのに
欠かせません。

「パチンコ収益システムの隙を突く4つの裏技」で、今までに「貯金」したお金を引き出して
いきましょう。

このページの先頭へ