【北斗の拳 転生の章「闘神演舞打法」】ハズレ乱数を大当り乱数に変えてしまう

hokutotb

button

北斗の拳 転生の章」は2013年5月に販売が始まった機種ですが、この機種が設置されている
ホールは90%を超えており、現在でも人気の機種の一つです。

しかし、スペック通りの出玉にならないことも珍しくありません。

スペックというのは、何日間、何ヶ月間といった具合に、ある程度の時間をかけて打ち続けた時
の統計データでしかありませんから、ある台に座って打ち始めたとして、全くのスペック通りに
出玉が出るほうがレアケースだといえるでしょう。

だからこそ、運が悪い、運がいいといったことが起こるわけです。

統計学を知っていれば簡単に理解できるカラクリですが、ホルコンだロムだとオカルトチックな
理論に振り回されてしまうと、ついつい見落としがちな観点ですね。

設定によって出玉が絞りこまれている場合はありますが、最近はホール経営がどこも苦しいこと
もあって、全ての台が最低設定になっているといったケースも増えているといいます。

立ち回りをしつづけていれば、ある程度のクセはつかめるようになるかもしれませんが、専業の
パチスロでもなければ、なかなか難しいのではないでしょうか。

しかし、あなたが座った台の調子が悪かったとしても諦める必要はありません。
パチスロコンサルタントの佐藤比呂子さんが考案した北斗の拳 転生の章「闘神演舞打法」がある
からです。

「ハズレ乱数」を「大当たり乱数」に移行させていくことで、大当たりの確率を高めていって、
どれだけ不運な状況だったとしても大当たりを出せるようにする
ことができます。

普通に打っているだけで、大当たりの確率を短期的に高めていけるというわけです。
ゴトなどの違法行為は行いませんし、店員が不審に感じて声をかけてきても、あなたは何もして
いませんから、堂々と受け答えをすればいいのです。

「プロ、セミプロお断り」というホールであれば、無理矢理、パチプロ扱いされて追い出される
といったケースも出てくるかもしれませんが、それだけの効果のある打法だということです。

【続きを読む】

このページの先頭へ