【競艇SGワン】グレードレースに特化した万舟狙い予想法

sggi

button

ボートレースにおいてSGやGIレースは選手のレベルが高くなる傾向があることから、実力差
が大きくなりやすい一般開催と比べると荒れるレースが増える傾向が見られます。

ボートレースというのは、試走で落水したりフライングや出遅れなどの欠場がなければ、6艇
固定でレースが行われますから、競馬などと比べると組み合わせの数も少なくなり、配当金も
全体的に低めになるため、どれだけ荒れても7桁、8桁配当は期待できません。

過去の最高配当でも3連単で70万にも満たない水準です。
JRAで3000万近い配当が出たのと比べると見劣り感があるものの、繰り返しになりますが出走
数が異なるために一概に比較はできません。

しかし、5桁以上の配当を狙うのであれば、最も的中しやすいのがボートレースであることは
改めて説明するまでもないでしょう。

あなたが万舟を効率よく狙える舟券術を探しているのであれば競艇投資研究家の上田敏弘さん
が考案した「競艇SGワン」が役立ちます。

対称となるのは、年8回(賞金王決定戦と賞金王シリーズ戦を別にした場合)SGレースと毎週
のように全国各地の競艇場で行われているGIレースです。

競艇SGワンでは、SGとGIの中で、主に以下の条件を満たしたレースを狙っていきます。

  • 出場選手の実力が均衡
  • 1コースの実力選手が不調
  • 内枠有利が少ない競艇場での開催

レース前日までに発表される4種類のファクターでレース・買い目の絞り込みを行いますので
前日買いやまとめ買いが可能
です。

一般的にインコースのほうが有利なのがボートレースですが、季節や会場のコンディションに
よって内枠が有利だとは限らないケースも有ります。

江戸川が典型例でしょう。

今後も江戸川でSGが開催されることはないでしょうが、G1の江戸川大賞は開催されますので、
頭を悩ませるかもしれません。

【続きを読む】

このページの先頭へ