【BRAIN指数】コンピ・オッズ・統計を総合化した独自の高性能指数

brain

>>公開は終了しました<<

馬券師の浅田真人さんは日刊コンピ指数を使った馬券術の開発者として知られています。

その浅田さんが、コンピ指数をベースとしながら、競走馬の能力やオッズの動きなどを元に
した独自の「BRAIN指数」を開発しました。

浅田さんが師事している、オッズ馬券師の蘆口真史さんの影響も反映されることによって、
コンピ指数だけでは不足しがちなレース当日の状況を反映できるようになり、さらに精度を
高めることに成功
しました。

BRAIN指数は、レース前日に発表される数値と、レース当日は、朝一オッズと直前オッズを
それぞれ反映した数値の、合計3種類の数値が存在します。

浅田さんによると、基本的には前日発表のBRAIN指数と当日の朝一・直前に発表されるもの
とで大きな違いはないと言いますが、「絶対にない」とはいいきれないのが勝負の世界です
から、時には大きく変わることもあるといった程度の認識で十分でしょう。

なお、このBRAIN指数を、どのように使いこなすかはあなた次第です。

買い目や購入金額の指示は一切ありませんので、浅田さんにすべてを任せるといった人には
向きません。

BRAIN指数が上位の競走馬を単勝や複勝で買ってもいいですし、BRAIN指数でも発生する
「断層」を見ながら、オッズ馬券術やコンピ馬券術の考え方を組み込むことで、あなた独自
の馬券術を構築していくのも楽しいものです。

コンピ指数的な使い方をするのであれば前日のBRAIN指数だけをみればいいですし、オッズ
も踏まえて判断したいのであれば、朝一や直前の数値を使うといいでしょう。

このページの先頭へ