【アイアンホースメソッド】36%の確率でハズレてしまう軸馬選びは必要ない?

ironhors

>>公開は終了しました<<

あなたは、36%の確率で外れることが分かっている軸馬を使って馬券を予想したいですか?

4割弱も外すわけですから信頼度が低いと思うかもしれませんが、これは単勝1番人気の競走馬
が持つ現実
です。

この競走馬を複勝馬券で買った時に外れる確率が36%というわけです。
なお、単勝1番人気が1着になる確率は32%、2着以内に到達する確率は51%です。

過去の32000レースを全て解析して導き出された結果ですから、競馬場や出走する競走馬など
による特性の違いはあったとしても、説得力のあるデータと言えるのではないでしょうか。

もちろん、その中には他馬を圧倒するダントツの一番人気もいれば、複数の競走馬が1番人気
を争っている混戦状況の中で1番人気に押されただけといったケースも含まれています。

つまり、もう少しデータを精査すれば、より良い軸馬選びができるのではないかと考えられる
のではないでしょうか?

鈴木明さんは、「オッズの断層」を用いることで、レース選定だけでなく軸馬のしぼり込みも
自然と行えるようになる
と言います。

これは鈴木さんの個人的な感想ではなく、あくまでも過去の32000レースを分析して得られた
統計的事実ですから、STAP細胞とは異なり、鈴木さんでなくても同じ結論を導き出すことは
だれでも簡単に可能です。

この統計的事実を元に、オッズを用いてレース選定と軸馬選定を同時に行える方法をまとめた
マニュアルを「アイアンホースメソッド」というマニュアルにまとめました。

アイアンホースメソッドは馬券術ではありませんから、券種や対抗馬などの選び方は書かれて
いません。

面倒だったら、アイアンホースメソッドで見つけた軸馬を複勝1点買いで買えば、110円以上の
配当がつくとは思いますが、単勝1番~3番人気が連対圏・複勝圏に入りやすくなるタイミング
が簡単に分かるようになりますので、他の券種に応用するのも難しくありません。

このページの先頭へ