【パチンコ革命・当たり移動順番論】先回りして大当たりを待ち受ける!

riron

button

オカルトだとか、科学的根拠が無いなどと散々な言われようをしているのが「ホルコン理論
ですが、今でも根強い人気を保っているのは、全くのデタラメだとは言い切れない一面がある
からではないでしょうか。

ホルコン自体は単なるデータ収集装置だったとしても、他の要因によって出玉調整が行われて
いることから便宜上「ホルコン」と呼んだほうが好都合だという可能性もあるわけです。

もちろん、ホルコンに関しては「パチンコの闇」の一つかもしれませんから、深入りしすぎる
とロクな目にあわない結果になるかもしれませんし、単なる勘違いであって笑って終わりかも
しれません。

独自のパチンコ攻略法「パチンコ革命シリーズ」を販売しているサムローさんは、ホルコンに
関しても豊富な研究と実験を行っていますが、ズバリ核心に入ると、大当たりの順番がわかる
といったら興味が出てくるのではありませんか?

つまり、大当たりが出る台が予想できるようになるために、無駄撃ちを減らして出玉を増やす
ことで利益が増えるというわけです。

それってホルコン理論を使わなくても、普通に立ち回りをしていれば可能ではないのかと思う
かもしれませんが、大当たりの順番という要素に関しては、普通にリサーチしているだけでは
なかなか見つけられないものです。

「タイミング」や「順番の要素」を明確に把握しておくためにはホルコンについてしっかりと
理解しておく必要がある
とサムローさんは指摘します。

この「タイミング」や「順番の要素」を学べるのが「パチンコ革命・当たり移動順番論」です。

勝率を20~50%ほど上げられると言ったら興味は出てきませんか?
これまで実践してきた多くの人の成果です。

【続きを読む】

このページの先頭へ