【パチスロマニュアル2015】10年以上!今も稼ぎ続ける方法を暴露

pati2015

>>公開は終了しました<<

4号機の頃にはスロプロの数も多かったと記憶していますが、2005年頃に5号機に切り替わった
途端に稼げなくなり、「廃業」していったスロプロは少なくありません。

さらに、2014年9月に型式試験の見直しが行われたことで、2015年春頃から新たな規制に対応
した機種が設置
されますが、ますます出玉が少なくなります。

5号機への切り替えと同じ程度のインパクトを持つの厳しい局面と言えるかもしれません。

その上、パチスロ専門ホールは右肩下がりの売上減少にともなって、次々と閉鎖に追い込まれて
いますし、パチスロだけでなくパチンコも扱うようになったり、パチスロをやめてパチンコ専門
ホールに変わるなど、店舗側も厳しい状況が続いています。

個々の台の設定も厳し目になっているため、出玉が少なく、なかなか当たりが出ないという経験
をしたことが何回もあるかもしれません。

しかし、パチプロでプロスロッターの「ユウト」さんは5号機スタート後の10年間で5000万円
以上を稼いだ実績がありますし、稼ぎの金額は今も増え続けていますが、どうやってパチスロで
利益を出し続けているのか知りたくありませんか?

ユウトさんが実践している「圧倒的勝ち方」と同じようにプレイすれば誰でも同じ結果が出る
ユウトさんは言いますが、ユウトさんしか実践できない高度で特殊なことだから素人には無理
思って、実行しないうちから諦めているかもしれませんね。

一時的な稼ぎだけでは意味がなく、安定的でかつ継続的に稼げなければスロプロとしては生きて
いけませんから、正しい認識や知識を持ってパチスロに取り組む必要があるわけですが、なぜか
重要なポイントは「飯の種」ということもあって学べる機会は非常に少ないものです。

ギャンブルごときで正しいとか頭がオカシイのか
という人もいますが、実際にパチスロやスロプロとして生き延びている人の生活を見ていると、
意外というと失礼かもしれませんが、ギャンブラーが持つ怠け者的なイメージとは程遠い場合が
珍しくありません。

立ち回り一つをとっても、頭のなかで覚えたり、紙やスマホなどにメモをとったりと人によって
違いますが、常に情報収集は欠かしません。

この情熱を会社員の仕事に向ければビジネスパーソンとして大成できたかもしれないのにと思う
かもしれませんが、個人の性格や組織が嫌いといった特性によるものでしょうから割愛しますが
正しい知識を身につけて、努力と経験の蓄積が効果を発揮しているわけです。

パチスロマニュアル2015」では、当たり前のように知っていそうで意外に知らないパチスロ
の正しい知識から、安定的に勝ち続けるための具体的な行動まで勝ち組になるために必要な要素
を網羅しています。

ところで、あなたは大当たりの仕組みや完全確率などをパチスロを知らない人に正しく説明する
ことができますか?

このページの先頭へ