【競馬投資家養成講座】複勝馬券で稼ぐことは可能なのか?

keibats

button

JRAで開催されるレースにおいて、複勝馬券で稼ぐことは可能なのでしょうか?

1レースだけの話をするのであれば、1点買いで配当金が110円以上あれば的中すれば利益になる
のは当然ですが、あなたの一生で1レースしか投資できないなんてことはありえない話ですから
1日何レースも馬券を買うのが普通ですし、今までに数えきれないほどやってきたと思います。

いくら的中しやすい複勝馬券だと言っても的中率100%を達成し続けるのは至難の業ですから、
必ずと言っていいほどに外す瞬間があるでしょうし、連敗することもあるかもしれません。

その際に複勝馬券の配当金の低さがネックになって、外した馬券の損失を的中馬券で埋めるのが
難しいという点が、回収率を高めるにあたってのボトルネックと言える
のではないでしょうか。

また、複数点数を買うことで、せっかく的中してもトリガミになる可能性が高いのも複勝馬券の
難しさといえます。

そこで、「競馬必勝法新聞だけで勝つ方法」という競馬ブログを運営する小野敬人さんが注目を
したのが「穴馬を複勝で当てる」という一見すると遠回りのように思える馬券術です。

過去の統計を出すまでもなく本命サイドで決まるレースのほうが多いわけですから、高配当馬券
が出るまで待つのが退屈だという意見があるのは間違いありませんし、穴馬券を狙うとハズレが
多いのは常識ですから、なかなか的中できずにイライラするのは勘弁だといって止める人が多い
のも事実です。

その上、的中した金額を全て次のレースにつぎ込んで、雪だるま式に資金を増やしていくという
コロガシ」となると頭を抱えたくなるのではないでしょうか。

もちろん、穴馬でコロガシをするのは自殺行為に近い話ですから非現実的ですが、本命サイドで
コロガシをする分には十分に現実性が感じられる話
です。

小野さんも穴馬券狙いで苦しむよりは、本命馬券のコロガシの方が簡単に資金を増やせると言い
ますが、それでも的中率100%を維持できなければ簡単に0円に戻ってしまうのが競馬予想です
から、あなたも難しく思えるのではないでしょうか。

この問題点を持って、コロガシなんぞは愚の骨頂として切り捨てる人も少なくありません。

そこで昭和40年代に金丸さんが考案したマーチンゲールの亜種と揶揄されることも珍しくない
金丸法を改良した「新金丸法」を用いて安定的に競馬で稼ぎ続けるノウハウを小野さんが「競馬
投資家養成講座
」というマニュアルにして公開しました。

新金丸法は小野さんのブログでも概要が公開されていますが、未公開の部分を含めた完全版を
手に入れられるのは競馬投資家養成講座だけです。

【続きを読む】

このページの先頭へ