【セブンスファイナル】平均18点買いの3連単馬券術

7final

button

18頭立てのレースでも、3連単で平均18点、最大でも21点しか馬券を買わないという馬券術が
セブンスファイナル」です。

2004年から2014年までの成績では、的中率は30%弱、回収率は160%強(均等買い)と悪く
ありませんが、コロガシや追い上げ、勝ち逃げなどを行わない場合の成績ですから、効率的な
資金戦略を併用すれば回収率を更に上げることが可能です。

セブンスファイナルはオッズ馬券術であり、以下の3種類のオッズを使用します。

  • 単勝オッズ
  • 複勝オッズ
  • 馬連オッズ

セブンスファイナル付属のExcelシートにオッズの値をコピペするだけで、自動的に購入対象
レースであるかを判断しますし、買い目の絞り込みまで可能
です。

裁量判断はいっさい必要ありません。

数分程度ですべての処理が完了しますし、オッズがめまぐるしく変化するようなレースでない
限り、当然ながら、同じ時間に作業をすれば全員が同じ結果になります。

なお、毎レースごとに直前オッズを使って対象レースであるかを判断したり、買い目の選定を
行うのが面倒だというのであれば、レース当日の午前9時半頃のオッズを使ってレース選定や
買い目の絞込みを行うことも可能ですが、直前オッズを使って予想をするよりも精度が下がる
という点は注意が必要です。

また、券種は3連単が基本ですが、配当金見合いで3連複のほうが回収率が高くなる場合もあり
ますので、時間的な余裕があれば購入金額と予想配当金を計算して比較するといいでしょう。

セブンスファイナルで「軸馬」となる2頭の競走馬でワイド馬券を買ってリスクヘッジにする
という買い方もありますので、購入点数を更に減らしたいというのであればワイド主体で買う
というのもいいかもしれません。

【続きを読む】

このページの先頭へ