【パチスロひぐらしのなく頃に煌「東京マギカ決戦打法」】最少回転数で大当り!

higurasi

>>公開は終了しました<<

パチスロひぐらしのなく頃に煌」は2014年11月から設置が始まった機種ですが、なかなか
思い通りに攻略できずに苦労しているのではないでしょうか。

初代のひぐらしと比べるとパチスロの規制が強まったこともあって物足りなさを感じる向きも
あれば、なにもかも微妙すぎて糞台とまでは言い切れないが、良台でもないという具合に評価
するのが難しいといった状況になっています。

当然ながら、どのような機種であっても設定1であれば糞台になるのは確実ですから、昨今の
経営環境の厳しさを考えれば全台低設定のホールがあっても驚かないとは言っても、さすがに
全台設定1にするというのは、たとえ閉店間際でも考えにくいというのが現実です。

パチスロコンサルタントの佐藤比呂子さんは、このパチスロひぐらしのなく頃に煌を研究した
ところ、「ある法則性」を見つけ出すことに成功したといいます。

その法則をフル活用することによって、「ある打ち方」をするだけでボーナスゲームに突入が
できるようになるというのですが、当然ながら違法行為はいっさい行わず、普通にスロットを
打つだけで実現できるといったら驚くのではないでしょうか。

その「ある打ち方」というのがパチスロひぐらしのなく頃に煌「東京マギカ決戦打法」です。
3000円もあれば大当たりを出せるということに驚くかもしれません。

どのようなタイミングからでも行えますので、スランプグラフやデータロボを気にする必要は
ありませんし、1台で1回のみといった制限はなく、何度でも繰り返し実践できますので効率的
です。

このページの先頭へ