【枠連マニア】オールドファンだけに任せるのはモッタイナイ

w-mania

button

競走除外馬が発生した場合に、1枠に複数馬が存在する枠連では、競争馬単位で番号が振られる
馬連や2連、3連馬券とは異なり、返還にならないケースも少なくありません。

つまり、有力馬が競走除外になって、同じ枠に上位到着が全く期待できない競走馬しかいないと
いう場合においても枠連の場合には枠が消えていないことから返還には一切応じないというわけ
です。

レース直前に競走除外になってしまうケースも増えていることから、枠連購入者にとって損失に
直結する話であることから絶対に許せないといった声も根強く、そんなことだったら枠連自体を
廃止しろといった意見が増えているわけです。

とはいえ、そもそもリスクを背負いたくなければ枠連を買わずに他の券種の馬券を買えばいい
言ってしまえば話は終わりますし、経費節減などを理由にあげて廃止しろと主張をする人たちも
いますが、実際には全てコンピュータ管理ですから枠連を廃止しても殆ど変わりません。

競馬中継などでも1画面映す程度ですから、負担増といえるほどでもないでしょう。

それどころか、オールファンを中心に根強い人気を持つ枠連の売上が消えることで、他の券種に
移動することなく競馬をやめてしまうといったケースも想定されることから、無理にリストラを
したところでメリットがないからこそ今でも枠連を売り続けているのです。

枠連が注目されていないからこそオッズに妙味がでる場合もあることを忘れてはいけません。
馬連よりも枠連のほうが配当金が高い場合もあるからです。

そこで、枠連3~4点買いで4桁前半の配当が狙える馬券術「枠連マニア」を試してみませんか?
オッズ馬券術ですので、まとめ買いや前日購入はできません。

想定的中率は30%ですが、実際に試してみると50%前後になることも珍しくありません。
回収率は160%想定ですが、200%超もちょくちょく見られます。

それほど買い目を絞り込むのに負担はかかりませんので、他の馬券術と並行して実践しても特に
無理なく取り組めます。

【続きを読む】

このページの先頭へ