【電圧直撃打法】パチンコ台の宿命を巧みについた機種不問攻略法

denatu

>>公開は終了しました<<

初期の頃のパチンコ台は電気がなくても普通に動いていましたが、現在の機種は電気がなければ
動くことはありません。

パチンコ台においては電気は必要不可欠な存在なのです。

だからこそ、東日本大震災直後に首都圏を中心に発生した電力不足の時期にやり玉にされたのが
パチンコホールですが、一台あたりの消費量は24V(48VA)と少ないのにも関わらず電球など
派手な電飾と、災害時になくても困らない存在ということでバッシング対象として適切だったと
いうわけですね。(資金面での不透明な流れは別問題)

さて、それぞれのパチンコ台においては、スペック制御や演出などを制御するための基板が組み
込まれていることが一般的ですが、この基板が電圧によって動きが変わるといった話をあなたも
聞いたことがあるかもしれません。

某パチンコ店店員や経営者経験者などが言っているように非科学的でオカルト理論だからと切り
捨てるのは簡単ですが、目の前で起こっている現象を見ると必ずしも切り捨てられないケースも
少なくないのではありませんか?

その上、電圧を上げるためにゴトをするといった犯罪行為をする人もいることを考えると、必ず
しも「間違いではない」のではないか
と考える人もいるかもしれません。

あなたが「電圧による影響は信用できる」と考えていたとしても、当然ながら違法行為はしたく
ないですよね。

そこで役立つのが「電圧直撃打法」です。
機械などを一切利用せずに合法的に電圧を上昇させて、大当りを発生させる方法です。

電気を使わずに動かせるパチンコ台は縁日のゲームでも見かけなくなりましたが、電気で動くの
であれば昔の機種から最新機種まで、全て対応しているといっても過言ではありません。

電圧直撃打法はパチンコ台の宿命を巧みについているからこそ機種による違いはないのです。

電圧直撃打法を実践すれば10連荘以上の大当たりが出ることも決して珍しくありません。
最新機種でも1000円台、2000円台の投資で数万円の利益を出すという実績が毎日のように発生
しています。

このページの先頭へ