【パチスロデータ採りピンポイント攻略】高設定台が持つクセを見つける方法

pindata

>>公開は終了しました<<

儲かっていないホールだと、すべての台が「設定1」というケースも珍しくありません。

閉店に追い込まれる間近と思えるような閑散としたホールはもちろんのこと、繁盛店でも週末
などには低設定台を並べて「回収モード」にしていることは、改めて指摘するまでもない現実
と言ってもいいかもしれません。

露骨に低設定台を並べてしまうと、それこそ客離れが更に進んでしまいかねないと思いますが
日銭を稼ぐためには、もはや、なりふり構っていられないということでしょう。

あなたが通っているホールが低設定台しか設置されていないのであれば、見切りをつけて別の
ホールに変わった方がいいと思いますが、高設定台があったとしても稼げるとは限りません。

あなたが高設定台を引き当てられるとは限らないからです。

不適切な立ち回りをした結果、高設定のように見える低設定を引き当てて、どんどん吸われて
いくばかりといった結果になるケースの方が多いのではないでしょうか。

更に、最近の機種は確率の収束がしにくくなる傾向が見られることもあって、なかなか当たり
が出なくなっています。

とはいえ、低設定台と高設定台を並べてみれば違いは一目瞭然であって、やはり、高設定台を
狙う必要がある
ことは言うまでもありません。

高設定台を引き当てるために、立ち回りで欠かせないのが「クセ読み」です。

打ちながら高設定を判断するのは時間と費用の無駄であって、データ取りをしてクセ読みする
ことが、高設定台を無駄なく見つけ出すためには最適な方法
だというわけです。

それでは、具体的には、どのようなデータ取りをすればいいのでしょうか?
パチスロデータ採りピンポイント攻略」を実践することです。

このページの先頭へ