【最新パチンコ維新】独自の逆算理論から見つけたホルコン攻略法

p-ishin

button

ホルコン」こと遊技機管理装置(ホールコンピューター)はデータを取得するだけでなく
ホール自体の経営管理や利用者の嗜好分析などを行うために設置されています。

ホルコンの製造業者も、ホルコンは統計情報を取得することだけが目的であり、出玉操作を
行うといった遠隔装置は一切設置されていないと断言しているのですが、遠隔操作で出玉を
調整する機器もあわせて「ホルコン」と呼ぶ慣習がある
ために話をややこしくしています。

当然ながら、遠隔操作自体が風営法違反ですからホールに設置されていること自体が異常な
わけですが、吉野大観さんは独自の逆算理論によって「真実のホールシステム」を明らかに
した
といいます。

逆算理論というのは、演繹と帰納がわかっている人であれば簡単に理解できますが、理屈を
並べて結論にたどり着く「演繹法」ではなく、結論から遡っていって法則などを見つけ出す
「帰納法」を用いることで、吉野さんはホルコンの存在を明らかにしています。

各機種の大当たり確率も大ウソだと断言するだけの事実があるからこそ、吉野さんは堂々と
「真実のホールシステム」を赤裸々に暴露し続けているのです。

つまり、現代のパチンコにおいては釘の場所によって影響をうけることは、ゼロではないが
非常に低いというのが現実であって、それよりも「ホルコン」による出玉操作の方が遥かに
大きい影響を与えているわけです。

それでは、「真実のホールシステム」を知った上で、どのような立ち回りや打ち方をすれば
あなたはパチンコで稼げるようになるのでしょうか?

その答えは「最新パチンコ維新」に完全収録されています。

【続きを読む】

このページの先頭へ