【押忍!サラリーマン番長「絶頂RUSH打法」】楽して勝てる即日攻略法

saraban

>>公開は終了しました<<

大都技研の「押忍!サラリーマン番長」は2014年8月からホールへの導入が始まっています。
あなたが通っているホールにも既に設置されているかもしれません。

前作の「押忍!番長2」と比べて荒波になる傾向はありますが、低設定台であれば努力するだけ
無駄という雰囲気があるとはいえ、当たれば一撃で何千枚も吐き出しますので何とか狙っていき
たいではないでしょうか。

パチスロコンサルタントの佐藤比呂子さんは、実機を購入して大当りと液晶画面のメカニズム、
リーチ目やチャンス目を解析したところ、当然というべきか、当たり前というべきか、当たりと
ハズレの周期を引き起こす法則があることが判明したといいます。

さて、立ち回りをする際に、あなたも個々の台の状態を調べると思います。

状態が良く大当たりが出そうな台を選ぶのが一般的ですが、佐藤さんはこの法則を活用すること
で、大当たりが近そうな台でなくても、大当り乱数を偏らせて取得しやすくすることは可能だと
言います。

つまり、全く当たりが出そうにない台でも、佐藤さんが考案したという押忍!サラリーマン番長
「絶頂RUSH打法」
を使うことで短期間のうちに大当たりを出せるようになるというわけです。

3000円程度で大当たりを引き当てられるといったら魅力的に感じるのではないでしょうか。

もちろん、ゴトや仕込みといった違法行為は一切行いませんし、傍から見ていても普通に打って
いるようにしか見えませんから、よほど観察力の強い人でも無い限りは「絶頂RUSH打法」である
ことはわからないと思います。

少しの当たりで店員がやってきて「プロお断り」といって追い出すようなホールには逆に近寄ら
ない方がいいのではないでしょうか。

このページの先頭へ