【KKプロジェクトセミナー】馬券収入だけが競馬で稼ぐ方法ではない!

kseikatu

>>公開は終了しました<<

「競馬で副業レベルから稼げる方法」
というと、あなたはどのようなイメージをもちますか?

今さら騎手や調教師、馬主といった職業につくのは難しいどころか年齢によっては不可能です
し、テレビやラジオの競馬中継にコメンテーターとして参加したり、競馬新聞の記者になると
いうのも現実離れした話だと思います。

JRAの職員や、競馬場やWINSなどで働くのも畑違いのように感じられるでしょうし、関係者に
なると馬券が買えませんから、アルバイトや派遣の受付嬢や警備員であれば馬券を買うことは
できますが、あくまでも「勤務時間内」ですから前日買いやまとめ買い程度でしょう。

誰もが考える手軽な副業として考えられるのは、馬券を的中させて利益を得る「馬券師」では
ないでしょうか。

買い目を予想して販売する「予想屋」や会員制メール配信なども思い浮かんだかもしれません
が、的中精度は二の次としても予想会社が乱立している状況ですから、個人で予想ビジネスを
はじめても、予想会社と同じ方法では稼ぐのは難しいものです。

佐久凛才さん、まうまう企画松田道貴さん、竹岡高文さんの3名は、それぞれ競馬ビジネスで
収入を得ていますが、竹岡さんは誰もが想像する「馬券師」ですが、他の2名は異なる稼ぎ方
をしています。

競馬ノウハウという観点に注目し、松田さんはノウハウをまとめた情報商材として「販売」
する一方で、佐久さんは松田さんなどが作成した情報商材を宣伝して購入者が出れば報酬を
得る「アフィリエイト」で稼いでいます。

予想会社を立ち上げて買い目配信をするよりも、ノウハウ化したほうが稼ぎやすいですし、
アフィリエイターであれば馬券購入自体が情報商材やノウハウの実践になりますから、一石
二鳥のサイドビジネスになるわけです。

裁判になることも珍しくありませんから税務署が馬券購入を経費として認めるかどうかは微妙
ですが、何もしないよりもアフィリエイト報酬が追加で入れば手元のお金は確実に増えるわけ
ですから、やらないよりはやったほうがいいわけです。

このページの先頭へ