【やじきた道中記乙「東海道わっしょい打法」】数分後にボーナス突入できる?

yajikita

>>公開は終了しました<<

パチスロ「やじきた道中記乙」は2014年7月から設置が始まった機種であり、あなたが通って
いるホールにも設置されたのではないでしょうか。

当たりが出ると大きく回収できるのに対して、何もなければひたすら我慢大会の様相を呈する
こともあって、AT中にどれだけ出玉を増やせるかが大きなポイントになっています。

スロプロでパチスロコンサルタントの佐藤比呂子さんは、やじきた道中記乙の実機を仕入れて
検証した結果、ある法則性を見つけ出すことに成功したといいます。

その法則に従って「アタリ周期」と「ハズレ周期」を起こしており、出るべきところで当たり
や連荘が起こるだけでなく、ハマリサインが出ると大ハマり周期になることがわかったという
のです。

それだけでなく、「ある打ち方」をすることによってハズレ乱数を大当り乱数に偏らせること
ができるようになり、必然的に当たりが出やすくなる
ことも可能だと佐藤さんは言います。

その「ある打ち方」こそが、やじきた道中記乙「東海道わっしょい打法」です。

パチスロ未経験者でも簡単にマスターできるほどの手順でありながら強力な効果が得られると
いうのが嬉しいですね。

あなたが打っている台の調子を最初にチェックした上で、その状態にあわせた打ち方をする事
で、少ない投資で大当たりを出しやすくしていくという方法です。

このやじきた道中記乙「東海道わっしょい打法」は数千円程度の投資で「当たり」を引き当て
られるようになるだけでなく、誰でも簡単に行える方法でありながらも、犯罪や迷惑行為など
いっさい行わずに、傍から見ていても普通に打っているようにしか見えません。

このページの先頭へ