【Bookie of Lights 2nd Edition】「テニス」ブックメーカーで稼ぐ方法

bookie

>>公開は終了しました<<

ブックメーカー」というと一時期は「アービトラージ」しか方法がないのかというくらいに
次から次へとアービトラージを効率良く行うための情報商材が発売されましたが、効率の悪さ
とブックメーカー側のアービトラージ封じによって実践するのが難しくなりました。

今でもアービトラージを行うことは不可能ではありませんが、アービトラージだけで稼ごうと
いうと手間と工夫が必要になります。

そこで、最近は、アービトラージのような両賭けよりも、片賭けで勝率を100%に近づけると
いった方法のほうが好まれるようになりました。

アービトラージとは異なり、普通にベットしているだけですから規制のされようがありません
し、口座を凍結するようなブックメーカーは経営面で危ないおそれがあるので逆に近づかない
ほうがいいのではないでしょうか。

スポーツ競技を対象としたブックメーカーの中には、高い確率で試合結果が予想できる競技が
存在します。

つまり、どの選手が強いか弱いかを知っていれば、どちらの選手に賭ければいいのか、簡単に
予測できるというわけです。

その一つが、テニスです。

しかし、明らかに試合前から結果が簡単に読めるほどに大きな実力差のある試合だとオッズが
全く魅力的ではないケースも珍しくありません。

さすがに「1.00倍」というオッズを見かけることは少ないですが、「1.03倍」以下であれば
見かける機会は少なくありません。

これくらいのオッズであれば100%近い勝率で勝てますが、預金金利1%~3%の定期預金など
といったら魅力的に思えますが、手を出したくない水準ではないですか?

もちろん、オッズの高い試合にベットすれば的中時の配当金は増えますが、的中率は低くなる
傾向がありますから、的中率と回収率のバランスが重要なことは間違いありません。

そこで役立つのが「Bookie of Lights 2nd Edition」です。

着実に狙える低オッズ帯では的中率を高めて、リスクが上がる高オッズ帯では的中率と回収率
のバランスを最適化することで、トータルリターンを高めていきます。

「Bookie of Lights 2nd Edition」の考え方はテニスだけでなくサッカーやバレーボールなど
の他のスポーツ競技にも応用できますから、シーズンオフにチャレンジしても効果的です。

このページの先頭へ