【ぱちスロ必殺仕事人「激凍アタック打法」】単純明快でわかりやすい攻略法

sigoton

>>公開は終了しました<<

ぱちスロ必殺仕事人」は2014年7月から設置されている機種ですが、ぱちスロAKB48と似た
ようなシステムを採用しており、疑似ボーナスを経由して当選するという流れになります。

しかし、あの評判の悪いハーデスよりコイン持ちが悪いといった声も聞かれるなど、酷評が
数多く見られますし、あなたも試しに打ってみて結構やられたのではないでしょうか。

パチスロコンサルタントの佐藤比呂子さんも「ぱちスロ必殺仕事人」の実機を仕入れて検証
するほどの力の入れようですが、100万ゲーム相当の検証を行った結果、ある法則によって
「アタリ周期」と「ハズレ周期」を起こしていることが明らかになった
といいます。

この法則に従う事で、大当りも出るべきタイミングで出現しますし、連荘もくるべき周期で
起こるだけでなく、ハマリサインが出ると大ハマり周期になるといった具合にすべてが説明
できるというのですから驚きです。

また、機種ごとにスペックが設定されていますが、ホルコンなどの話をするまでもなく確率
論的に個々の台の状態によってスペック通りには出ないことは説明できますので、その台の
「状態」を把握することが必要です。

一般的には、立ち回りを行って状態の良い台を探し出す必要があるわけですが、佐藤さんは
ぱちスロ必殺仕事人「激凍アタック打法」を用いることで、台の「状態」を改善し当たりを
出しやすくすることに成功しました。

この「激凍アタック打法」を実践した後に明らかに通常とは異なる現象が起これば成功で、
必要経費は3000円あれば十分だという低コストもうれしいですね。

当然のことながらゴトなどの違法行為は行いませんし、近くで店員が監視していたとしても
コインの出方が良くなったというような印象しか持たれることはなく、スロプロ扱いされて
追い出されるといった心配を逆にしたほうがいいかもしれません。

このページの先頭へ